2019年9月28日

メール一括配信サービスの改定

メール一括配信サービスの配信方式、配信件数、配信料金を改定しました。

配信方法は安全性、確実性を重視して、エラーメッセ―ジを観察しながら、少数ずつ半自動で送信していく方式に変更しました。リスクを回避して、より確実にメールを配信します。

配信できる件数が大幅に増えました。配信の安全性が高まったことにより、同月中の配信件数の上限が、従来の100件から300件までに増加しました。※安全に配信するため、件数が多い場合は数日間に分けての分割配信となる場合があります。

配信料金については料金表を掲載しました。配信件数に応じた変動料金制になりました。従来通り、同月中に5件までの配信は無料です(※特定ビジネスモデルは除く)。

今回の改定により、従来はご利用をお断りしていた、特定ビジネスモデルが事業に含まれる事業者様も特別料金にて、ご利用が可能になりました。

メール一括配信サービス

2019年9月19日

求人応募時に不適切なメッセージが表示される障害

9月19日11時ごろ~23時ごろにかけて、求人応募受付フォームに入力すると不適切なエラーメッセージが表示されて、応募手続きが完了しない障害が発生しました。

原因は、チェックルーチンのコーディングミスです。
 
現在は、復旧しています。
障害のため応募できなかった方には、同日中に、お詫びと再応募ご案内のメールをお送りいたしました

2019年9月 8日

求人の応募方法がフォーム受付の場合に、その時点での応募件数を表示

求人情報ページにて、応募受付がフォーム指定の場合、募集開始日から当日までの応募件数を表示する機能を新設しました。
求人に関しては、「早く反応すればするほど有利。早い者勝ちだ!」という考え方をされる方が少なくありませんが、実際にはそうとは限りません。募集開始から日数を経ていても、まだまだ募集人員に達していない優良な案件もあります。応募する際の判断にお役立て下さい。
【表示場所】
応募フォームの上に、募集開始日からの経過日数と当日までの応募者数が表示されます。
【注意事項】
当日から最大で1か月まで遡って集計したデータを表示します。募集開始日から1か月以上経過した案件では、当日から過去1か月間の応募件数を集計して表示します。つまり、1か月以上経過した案件では、すべての応募件数が表示されるわけではありません
【フォーム受付の場合だけ表示】
応募受付が、メールアドレス直接送信の場合ならびに募集者のサイト内フォーム受付の場合は、応募件数の表示はありません。

2019年7月 7日

通訳ディレクトリで以下の新カテゴリと新ページが追加されました。

通訳ディレクトリにて、以下のカテゴリと新ページが追加されました。

今回の改定では、地域別に通訳者を探すことができるようになり、ユーザーの利便性が向上しました。

英語通訳一覧 ※一覧ページに居住地域を記載

□ 地域別にさがす 英語通訳

東京・首都圏 英語通訳一覧 ◇ 名古屋・金沢・中部地方 英語通訳一覧

大阪・京都・近畿圏 英語通訳一覧 ◇ 福岡・九州・沖縄 英語通訳一覧

北海道・東北地方 英語通訳一覧 ◇ 四国・中国地方 英語通訳一覧

米国・カナダ・北米 英語通訳一覧 ◇ EU・ヨーロッパ 英語通訳一覧

オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール 英語通訳一覧

□ 地域別にさがす 各国語通訳

西ヨーロッパ 通訳一覧  ◇ 東ヨーロッパ 通訳一覧 

東アジア 東南アジア 通訳一覧

南アジア 中東 通訳一覧

中央アメリカ・南アメリカ・カリブ諸国 通訳一覧

□ 通訳会社ディレクトリ

通訳人材派遣  電話通訳サービス

同時通訳・会議通訳  国際会議   アテンド通訳 

翻訳者ディレクトリで新ページ追加

翻訳者ディレクトリで、以下のマイナージャンルの新ページが追加されました。

軍事・防衛・自衛隊

航空宇宙

国際関係・外交問題

2019年4月 4日

公募求人への添付ファイルを使った応募について


公募求人で応募フォームからの応募を指定されている場合に、明示的に添付ファイルの提出を求められていない限り「連絡先メールアドレスを教えてくれれば、折り返し、添付ファイル付きメールで履歴書や職務経歴書を送ります」という応募方法ならびに類似する行為をすべて禁じます

該当の応募については、応募書類を不受理とします。初回の場合は応募者にその旨をお伝えするメールを送ります。常習性のある応募者については、応募書類を破棄し、連絡等を一切しません。

理由)昨今、マルウェアが仕込まれたファイル(PDFやWord、EXCELを含む各種ファイル形式)を添付ファイルにしてメールを使って送り付ける手口が横行しています。
受信側が、添付ファイルの受け取りに対してセキュリティ面で十分な準備ができていない状態で、はじめての相手から添付ファイルを受け取るのは、大変危険な行為です。
新種のマルウェアは、セキュリティソフトでは検出できないことがあります。
送信者に悪意が全くなくても、送信者のパソコンがマルウェアに感染していて、本人が気が付かないうちにマルウェアメールが送信される場合もあります。
求人応募に限らず、一般に、十分な信頼関係が確立していない当事者間で、添付ファイルのやりとりをすることは、大きなリスクを伴います。避けましょう。
  • ※募集者が添付ファイルによる応募書類の受付を明示的に許可している場合は、上記の例外とします。
  • ※メールアドレスが掲載される募集情報については、募集側が添付ファイル付き応募メールの受信を想定しているとみなし、上記の対象外とします。ただし、メールアドレスが掲載されている場合でも、明示的に添付ファイルの送付が禁じられている場合は、絶対に添付ファイルを使った応募をしないでください。

2018年12月 6日

法人登録情報の掲載順位繰り上げ判定期間を6ヶ月に短縮

法人情報ページにて、情報更新時に掲載順位が繰り上がるのは従来は当該年度に1回だけでしたが、システム改定により、2018年12月から、半年単位で繰り上げができるようになりました。これで、掲載順位繰り上げの機会が年に2回に増えました。

掲載順位の繰り上げ規則: 当該年度の1月~6月に1回。7月~12月に1回

例)
2018年の1月に情報更新し、7月にもう一度情報更新した。→ 掲載順位が最上位に繰り上がります。
2017年の12月に情報更新し、2018年の1月にもう一度情報更新した→ 掲載順位が最上位に繰り上がります。
2018年の3月に情報更新し、10月にもう一度情報更新した。→ 掲載順位が最上位に繰り上がります。

2018年の1月に情報更新し、6月にもう一度情報更新した。→ 掲載順位の変化はありません。
2018年の9月に情報更新し、12月にもう一度情報更新した。→ 掲載順位の変化はありません。

フォームに入力した内容が消えてしまう問題・法人登録情報の修正ページで対応しました

翻訳会社(通訳会社)の登録情報修正ページにて、入力後の確認画面またはエラーメッセージ表示画面から編集フォームに戻ると、入力した内容が消えてしまったり、編集した内容が反映されなかったりする問題について、新たに対応いたしました。

今回のシステム改定によって、ブラウザの設定や種類に関わらず、入力した内容が保持されます。
※この問題は、サイトの入力フォームすべてに共通する問題であり、本年度当初から対応を進めてまいりましたが、主要コンテンツのフォームについて対応が完了しました。

その他の付属的コンテンツの入力フォームについても、順次対応を進めてまいります。

2018年12月 2日

フォームに入力した内容が消えてしまう問題・新たに1つのページで対応しました

個人翻訳者(通訳者)の登録情報修正ページにて、入力後の確認画面またはエラーメッセージ表示画面から編集フォームに戻ると、入力した内容が消えてしまったり、編集した内容が反映されなかったりする問題について、新たに対応いたしました。

今回のシステム改定によって、ブラウザの設定や種類に関わらず、入力した内容が保持されます。
※この問題は、サイトの入力フォームすべてに共通する問題となるため、順次、その他の入力フォームについても、対応を進めてまいります。

2018年7月13日

Webサーバーがデータ圧縮方式に対応。

Webサーバーが転送データ圧縮に対応しました。ページ構成に応じて、未圧縮時に比べて1/3~1/6まで転送量が削減されます。

モバイル端末利用時のデータ通信量を節約できます。また、ユーザーの利用環境によっては、サイトアクセスの高速化が期待できます。

Archives